HARU  blog
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

HARU  

Author:HARU  
for wonderful fabric life since 1993.7.  
on-line since 2004.10.
sales office:tarumi takamaru 1-1-16 KOBE    office:chouku yamamotodoori 4-26 KOBE     
TEL/FAX 078-709-2739

http://www.cottonhouse-haru.com/index.html


blog since 2007.8.14
HARU Co.,Ltd. since 2008.1.7

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 綿
h87 200
先月「丹波布伝承館」というところへ立ち寄りました。
明治末期まで丹波佐治の農家で盛んに織られ愛用されていたようです。
栽培した綿を手で紡ぎ、栗の皮など野にある草木で染めて
手織りで仕上げ、横糸に少量の絹のつまみ糸を入れて仕上げるそうです。
仕上がりは素朴の一言。時折綿のフシが所々入り、
ざっくりと織られた風合いは手仕事ならではの温かみがあります。
「なるホド、ネップとはこうやって出来るのね。」
ネップはリネンでしかほとんど見たことがなかったので、
綿のネップが逆に新鮮に見えました。
綿の種をもらって、ゴールデンウィークに植えてみました。
双葉も出てきてちょっと虫にかじられましたが、
取りあえず順調に育っています。
秋に花が咲いてそのあと綿のモコモコができるそうで、
布になるにはホントに長い旅路です。
h87 023h87 034h87 076h87 105h87 117h87 133h87 170h87 187h87 218h87 226h87 269

明日はメールマガジン先行販売を予定しています。
かわいいスラブローンやご好評いただいております、西脇産のスーピマコットン、
繊細なリネンWガーゼなどご紹介の予定です。










スポンサーサイト
未分類 | 固定リンク
(2017/05/28(日) 22:15)

copyright © 2005 HARU  blog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。